1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 成分紹介
  3. ビタミンB6塩酸塩が関節痛にもたらす効果・効能

ビタミンB6塩酸塩が関節痛にもたらす効果・効能

関節痛に効果がある医薬品によく含まれているビタミンB6塩酸塩。あまり馴染みのない成分の名前ですよね。
ここではこのビタミンB6塩酸塩の関節痛に対する効能などを紹介していますので、痛みを緩和したい方は是非ご覧になってください。

ビタミンB6塩酸塩って何?

関節痛に効果がある医薬品に配合されているビタミンB6塩酸塩という成分。
皆さんはこの成分がどのようなものなのかご存じですか?

ビタミンB6塩酸塩は別名ピリドキシン、または塩酸ピリドキシン、ピリドキシン塩酸塩などとも呼ばれていて、ビタミンB6の一つです。

ビタミンB6は主にたんぱく質・脂質・炭水化物代謝に必要な酵素生産、エネルギーの生産、各種皮膚疾患の改善などがあり、疾患への対応として、骨関節炎、骨粗鬆症(予防)、月経前症候群(PMS)、ニキビ、貧血などが挙げられます。

そのため、ビタミンB6が体内で不足すると痙攣が起きたり貧血などを起こしてしまうことがあるんです。

ビタミンB6を多く含む食材としては、全粒小麦、アボガド、バナナ、カシューナッツ、ニンジン、鶏肉などがありますが、8時間も経過すれば尿から排泄されるため、常に摂取していないと体内で連続して働いてくれない成分なんです。

ビタミンB6塩酸塩が関節痛に効くわけ

では、ビタミンB6塩酸塩はどのようにして関節痛に効果を発揮するのでしょうか?

関節痛の医薬品には効能が書かれていますが、ビタミンB6塩酸塩には新陳代謝を円滑にする作用があるんです。

ビタミンB6はたんぱく質や脂質、炭水化物の代謝に必要な酵素を生産し、エネルギーの元を作りだします。
つまり、活発にエネルギーが作られれば、新陳代謝が高まり、筋肉や神経などの痛みを緩和してくれるというわけ。

ビタミンB6塩酸塩が配合されることで、あのツライ痛みが和らぎ、楽にしてくれるということなんですね。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

ビタミンB6塩酸塩が関節痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ一覧