1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 成分紹介
  3. ビタミンB1硝酸塩が関節痛にもたらす効果・効能

ビタミンB1硝酸塩が関節痛にもたらす効果・効能

ビタミンB1硝酸塩という成分を皆さんはご存じですか?
あまり聞きなれない名前ですが、実は関節痛に効果・効能があることが解っている成分なんです。
では一体、どのように私たちの体に作用するのでしょうか?

ビタミンB1硝酸塩とは?

皆さんは疲れた時に栄養ドリンクを飲まれた経験は無いでしょうか?
この栄養ドリンクの定番成分の一つが、ビタミンB1硝酸塩なんです。

ビタミンB1硝酸塩は、ご飯やパンなどの糖類を分解してエネルギーに変化させる時に役立つ成分で、体の中で不足してしまうと疲労感や手足のしびれ、脚気、集中力の低下などを引き起こすと言われています。

ビタミンAやDは脂溶性ビタミンと言われ、過剰に摂取すると体に蓄積されてマイナスの影響を及ぼしてしまいますが、この成分は水溶性のため、必要量を超えて摂取しても尿として排出されるので、特に問題は無いと言われています。

ビタミンB1硝酸塩の効果・効能について

ビタミンB1硝酸塩の成分の効果・効能は、ビタミンを体内に補給して糖質をエネルギーに変化させる際のサポート役でという働きと共に、『痛みの緩和』という特徴も持っています。

実際に、子宮の筋肉痛を和らげる効果も判っていて、生理痛に効く医薬品にも使用されている有効成分なんです。

この痛みの緩和という特徴を他にも活かしているのが関節痛の医薬品。

関節痛の医薬品には、軟骨に良い影響を与えるコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと一緒に含まれているのですが、コンドロイチンが関節内の軟骨のサポートをしてクッション性を高め、それと同時にビタミンB1硝酸塩が内側から痛みを緩和し、相乗効果で関節痛に作用しているというわけです。

こんな方におすすめです!

今まで何の苦労も無く出来ていたことが、関節痛によって思うように出来なくなった...と嘆いていらっしゃる方をよくお見かけします。
でも、病院での手術や注射などに頼りたくない...という方も多いはず。

そんな方にこそお勧めなのがビタミンB1硝酸塩。

必要量以上に摂取しても副作用がほとんど無いと言われているので、安心して飲むことができます。

若い方では40代から始まると言われる関節痛ですが、この成分を毎日摂ることで「元気に毎日を過ごせるようになった♪」と喜びの声も多く聞いています。

悩む前に医薬品などで一度試してみませんか?
是非、元気に動き回れる時間を増やしてください。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

ビタミンB1硝酸塩が関節痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ一覧