1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 成分紹介
  3. ビタミンEが関節痛にもたらす効果・効能

ビタミンEが関節痛にもたらす効果・効能

関節痛薬の配合表の中には「ビタミンE」という成分をよく見かけます。
ビタミンと聞くと食品の栄養素のように思いがちですが、実は関節などの痛みにも効果や効能があるんです。
ここではこのビタミンEの素晴らしい効き目についてご紹介してきましょう。

ビタミンEという成分について

ビタミンと呼ばれる栄養素は、私たちの体内で作り出すことができない補酵素と呼ばれるもので、様々な代謝に関連した働きを行っています。

その中でもビタミンEは強い抗酸化作用、血流改善、悪玉コレステロールの抑制などの働きを持っているため、アンチエイジングや病気の予防にも役立つ成分としてサプリメントや健康食品、化粧品、医薬品などに幅広く使用されているんです。

ビタミンEが関節痛にも効果がある理由

ビタミンEは関節痛薬にもよく利用されています。
それにはどのような理由があるのでしょうか?

ビタミンEはアンチエイジングのサプリメントや肩コリや手足のしびれを改善する医薬品にも配合されていますが、血液の流れを良くする効果が高いため、関節の痛みを緩和するお薬にも使用されているのです。

表面的な痛みを取り除くだけではなくて、痛みそのものに直接アプローチしてくれるため、薬の効果や効能も上がると考えられているのです。

ビタミンEが不足してしまうと良くないの??

ビタミンEは活性酸素を除去して体の老化を防止したり、血行を促進して新陳代謝を活発にしたり、ホルモンの分泌を正常化するなど多くの働きをしていますが、この成分が不足してしまうことで様々な症状が出てしまうと言われています。

例えば、血行不良による冷えや肩こり、シミなどのほか、女性の場合にはホルモンバランスの乱れによる月経不順、活性酸素増加による動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などが起きやすいとされているんです。

そのため、関節痛とともに老化防止や様々な病気の予防としても、一日に適量を摂取することが良いと言われている成分なので、薬などで効果的に摂取していきたいですね。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

ビタミンEが関節痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ一覧