1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. ひざの関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

ひざの関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

ひざの関節痛は「年のせい」と諦めていませんか?
ひざが痛いと、歩くことが億劫になり、生活全般にも様々な支障をきたしてしまいます。
痛みの原因を知って、元の歩きやすい生活を取り戻してみませんか?

知っていますか?ひざの関節痛の原因

年齢を重ねるとやひざに痛みを感じる...。
「年のせいだから」と言ってこの痛みを諦めていませんか?体のどこかが痛くなるということは、必ず原因があるわけです。

ひざの関節痛の場合の原因は、そのほとんどが関節内にある軟骨の減少だと言われています。

軟骨が減少するのは、加齢によって軟骨成分の生成が少なくなるためと考えられています。
そのため、軟骨がすり減ったり損傷して関節同士が直接当たったり、動きが悪くなることで、関節痛が引き起こされているのです。

また、加齢による骨の変形や筋肉力の低下なども関節に痛みを起こしている可能性も。

放置しないでください

ただの関節痛なら仕方ない...と思って放置してはダメ。
関節痛もそのままにしておけば悪化して歩くことさえも困難になってしまいます。

あるいは、関節痛だと思っていた症状が実はリウマチや痛風など別の病気が隠れている可能性もあるのです。

ひざに痛みを感じたらそのままにしないで、早めに医師に相談し、対策を講じるようにしましょう!

簡単にできる対処方もあります!

軟骨の減少によるひざの痛みには、自分でもできる対処方法があります。それは、軟骨成分を摂取して軟骨を元気にしてあげることです。

近頃はこの軟骨成分に着目した医薬品が多く販売されているので、これらを利用するのも良いでしょう。
それと同時に、硬くなった筋肉をやわらかくするストレッチなどを行うのもおすすめです。

筋肉が関節の動きを助け、また血行も促進されるので、痛みの軽減にもつながります。
ゆったりとしたストレッチと併せて、薬などでしっかりと治していきましょう。

薬については、軟骨成分に潤いと弾力を与えるコンドロイチン、神経組織に働きかけて痛みを緩和するビタミンB1ビタミンB6、血流を良くして筋肉をサポートするビタミンEなどがバランス良く配合された医薬品を選ぶようにしましょう。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

ひざの関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧