1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. 肘の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

肘の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

関節痛は膝や腰だけのものと思われがちですが、実は肘も関節痛を発症することがあるんです。
しかも、放置していると隠れた病気を見過ごしてしまうこともあるので、痛みが起きる原因や対処法を知って、痛みの解消にお役立てください。

肘に起きる関節痛についてもっと知りましょう

肘の関節痛は大きく分けると2つに分類されます。

1つはスポーツや日常の動作の中で、無理な形で手や腕、肘を動かしたり、何かがぶつかる、あるいはぶつけてしまうことで起きる外的要因の痛みと、もう1つは関節内の軟骨がすり減ったり、何らかの病気が原因となっている内的要因による痛みがあります。

前者の関節痛の場合には原因がはっきりとしているのですぐに治療できますが、後者の場合には医師による診断と治療が必要となります。

危険が潜んでいる肘の関節痛があります

肘の部分に痛みを感じても、単なる関節痛だろうと思って放置していてはいけません。

もしかするとリウマチや痛風が潜んでいる場合があるからです。

家族や親戚にこのような病気を持っている方がいる場合には、まずはかかりつけの医師や専門家に相談することをおすすめします。

自分でできる対処法

病気による関節痛ではない場合には、自分でもある程度痛みを抑えることが可能なのをご存じですか?

関節痛とは、関節内の軟骨の減少が原因ですので、軟骨の成分となるコンドロイチンを摂取することである程度軟骨を増加させることができるんです。

近年は、このコンドロイチンを主成分とした医薬品も発売されているので、一度は試してみるのも良いかもしれませんね。

また、肘周辺の筋肉を柔らかくしたり強化ことでも関節への負担を減らすことができるので、軽いストレッチなどもおすすめです。

ストレッチと併せて、関節痛に効くコンドロイチン配合の医薬品で効果的に治していきましょう。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

肘の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧