1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 関節痛の基礎知識
  3. 関節に負担をかけない!自分だけでできる関節痛を和らげる運動方法

関節に負担をかけない!自分だけでできる関節痛を和らげる運動方法

「関節痛を少しでも和らげる運動は無いかしら?」とお思いの方も多いようですね。
毎日少しの運動で周囲の筋肉をストレッチしたり鍛えていくと、関節の痛みも軽減されるんですよ。焦らずにゆっくりと始めてみてくださいね!

自分でも関節痛を楽にできる運動があるんです

関節の痛みは、関節に近い筋肉や血管に刺激を与えることでも改善することができます。

例えば、膝の場合には、椅子に座った状態で膝から下を上下に動かす運動を行います。
膝に力を入れるというよりも、膝の周りの筋肉を使って上下することがポイントです。

また、膝の後ろの筋肉を伸ばすストレッチも効果的で、筋肉を伸ばすことで血流が良くなり、痛みの軽減にもつながります。
もちろん、膝の上をやさしくなでて温めるのも効果的です。

肩の場合には、まずはストレッチをして肩全体の筋肉を伸ばすことが大切です。
筋肉がほぐれ、血流が良くなったら、肩を回したり、鳥が羽ばたくように両手を上下に動かして肩甲骨を大きく動かします。

首、腰の関節痛も、ゆっくりと患部を伸ばしたあと、周囲の筋肉をほぐして上下、左右に動かす運動を少しずつ行いましょう。
慣れたら負荷をかけることで、筋肉が強化され、関節をサポートしてくれるようになります。

運動を行う際にはこのよう点に注意してください!

関節周りの運動はゆっくりと無理なく行うことが大切です。

はじめは負荷や反動を付けずに、ゆったりと深呼吸しながら行うようにし、体調が悪い時や痛みがひどい場合には、運動やストレッチを行うのは避けましょう。

無理して行うことでかえって関節痛を悪化させる原因にもなりかねません。

炎症が治まり痛みが無い時に行うことも重要です。

さらに関節痛を和らげるために

関節痛とは加齢や生活環境、体質などによって引き起こされていると考えられますが、具体的には関節内部にある軟骨のすり減り、変形が原因です。

そのため、この軟骨成分を直接摂取することで関節痛を和らげることが可能なんです。

軟骨に良い成分として最も知られているのがコンドロイチン。このコンドロイチンは納豆やオクラ、山芋などネバネバしたものに多く含まれている成分ですが、これらを毎日の食事から絶えず摂取することは正直難しいですよね?

そこでおすすめしたいのがグルコンEX錠プラスです。
グルコンEX錠プラスは、関節痛と神経痛に特化した商品開発を行っている「日本薬師堂」の医薬品で、正座することが多い現役の落語家さんも愛用していることでも有名。

軟骨に弾力と保水性を与えるコンドロイチン、神経に作用して痛みを抑えるビタミンB1とB6、血行を良くして関節を支えている筋肉をサポートするビタミンEを配合。

運動による外側からのケアと薬による内側からのケアで、若い頃のようなハツラツとした毎日を取り戻しませんか?

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

関節に負担をかけない!自分だけでできる関節痛を和らげる運動方法に関連するコンテンツ一覧