1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 関節痛の基礎知識
  3. こんな症状が出たらリウマチの可能性!?関節痛とリウマチの違い

こんな症状が出たらリウマチの可能性!?関節痛とリウマチの違い

「関節に痛みを感じるんだけど、これはただの関節痛?それとももしかしたらリウマチ?」と、悩まれた方も多いのではないでしょうか?
ここではこの関節痛とリウマチの違いについて、それぞれ症状の特徴や原因などをご紹介しています。

関節痛とはどのような症状で、何に原因があるのかご存じですか?

年齢を重ねると、体にも少しずつ変化が現れ、様々な症状を感じることが多くなりますよね?
とくに40代後半ぐらいになると体のあらゆる関節に痛みや違和感を覚える人も多くなっているようです。

よく、膝の曲げ伸ばしや階段の昇り降りが辛くなったとか、五十肩になったという声をお聞きしますが、これが関節痛の痛みなのです。

この痛みの原因は病気では無く、加齢による関節内の軟骨の損傷や減少、関節周りの炎症、変形などによって引き起こされていると考えられています。

ではリウマチとはどんな症状で、原因は何なのでしょうか?

リウマチとは、体のいたるところの関節に痛みを生じるもので、初期の場合には朝のこわばり。
それが進行すると関節痛を引き起こし、さらにひどくなると関節炎へと進行し、そのうちに関節そのものが少しずつ変性してしまう病気です。

この病気の原因は体内の免疫機能の異常と言われていて、免疫機能が暴発して自分の手や足の関節を冒して炎症を生じる、いわゆる膠原病の一種と言われています。

まれに関節だけではなくて他の臓器や血管、筋肉などにも障害が及んでしまうこともあります。

関節痛とリウマチの違いについて

2つの症状は、「痛み」という同じものであっても、原因には違いがあります。

つまり、関節痛とはなどに現れる関節自体に問題がある症状ですが、リウマチとは体のあらゆる関節に炎症が起き、進行していくと関節の変形だけではなく機能障害、全身の倦怠感など進行性のある自己免疫疾患なのです。

リウマチかどうかの判断は主に血液検査が有効とされています。この疾患の方の9割以上にリウマチ因子が血液中に見られるのですが、なぜこの因子が作られるのかは、現代の医学ではまだはっきりと解明されていないのが現状のようです。

ただ、初期のうちにしっかりと治療を受ければ完治する可能性も出てきているようなので、リウマチを疑う場合には、すぐに専門の医師に診てもらうことが重要です。

病院になかなか行けないという方は、まずはツライ痛みを緩和するためにも関節痛の緩和に特化したお薬を試してみるのもいいですね。

関節痛の薬の中でも、痛みを伝える神経組織を修復するビタミンB1ビタミンB6などが配合されていれば、痛みそのものを緩和することができますし、関節痛であればそのまま治すこともできます。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

こんな症状が出たらリウマチの可能性!?関節痛とリウマチの違いに関連するコンテンツ一覧