1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. 肩の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

肩の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

「若い頃からあった肩コリとは別の痛みを感じるようになったんだけど、これってもしかして四十肩?五十肩?」。
肩の痛みにも色々な名前が付けられていますが、実際にはどのような痛みや原因があるのか皆さんご存じですか?

肩に起こりやすい痛みについて

「腕を肩より上に上げたくても、関節部分に痛みを感じて上げられない。」
「急に肩が痛くなって気分まで落ち込んだ」
なんていうお話を聞くことがよくあります。

腕を上げる時だけではなく、重い物を持ったり、背中の方に回すことも痛くてできなくなったら、多くの方が思い浮かべるのが四十肩や五十肩ではないでしょうか?

この肩の関節における痛みとは、一体なにが原因なのかご存じですか?

肩の関節痛とはどのようなものでしょう

肩の関節痛は、四十肩や五十肩と言われるように、ある程度の年齢になると起きる関節の痛みのこと。

の関節痛も四十代後半から起きやすいと言われていますが、肩の関節痛も同じような時期から発症します。

ただ、この痛みの原因ははっきりとしていないのが現状です。
若い頃に腕を動かすスポーツを行っていた人が多いというわけではなく、あまり運動をしていなかった人や膝や腰の関節痛は無い人、打撲などの経験が無い人などでも症状は出てきてしまっているんです。

この痛みも他の関節の痛みと同様に、放置しておくとだんだん悪化してさらに可動域が狭くなり、痛みもひどくなる可能性が非常に高くなってしまうため、初期のうちに専門医を受診されることをおすすめします。

肩の関節痛の簡単な対処法について

肩の関節痛は主に加齢が大きな引き金となっていると、今のところは言われています。

加齢によって関節内部の軟骨の量が減少したり軟骨が硬くなることで、関節の動きが悪くなったり、関節どうしが直にこすれて痛みを感じるのです。

そこでおすすめされている対処法が、軟骨の成分を摂取するということです。

コンドロイチンという成分をテレビでもお聞きになった方も多いと思いますが、この成分は軟骨を作る際に必要な成分で、加齢によって生成されにくくなった軟骨を増加してくれる役割を持っているんです。

つまり、軟骨が元気になれば、関節痛も和らぐというわけです。

また、腕周りの筋肉を柔らかくほぐしたり、ストレッチをすることで血行を良くすることも、痛みを軽減させると言われているので、コンドロイチン配合の医薬品と併せて試してみて下さい。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

肩の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧