1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 成分紹介
  3. コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが関節痛にもたらす効果・効能

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが関節痛にもたらす効果・効能

最近よくテレビで耳にすることが多くなったコンドロイチン硫酸エステルナトリウムという成分。
関節痛に効果・効能があると言われていますが、実際のところは私たちの体にどのような影響をもたらしてくれるのかご存知ですか?

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムという成分について

製薬会社のCMなどでもお馴染みになったコンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、通称、コンドロイチンという名前で紹介されている成分で、人の体の中では主に関節部分や肌内部、目の水晶体などに含まれている食物繊維の仲間です。

働きとしては、関節や肌の弾力性・保水性を整える役割をしていますが、美肌成分に欠かせないコラーゲンと同様に、残念ながら20代後半から減少していくと言われています。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの効果・効能について

テレビの通販番組でも多くの会社がこの成分を扱っているのには訳があります。
それは、加齢とともに発症しやすい関節痛や腰痛に効果・効能が高いということがわかっているからです。

臨床結果でもその効果は認められていて、製薬会社においても、すり減った関節内部の軟骨に潤いと弾力を与えることで軟骨のクッション性が増し、関節を保護し、かつ軟骨の摩耗を防ぐ効能も期待できるとしていて、医薬品として扱われているほどなんです。

実際に、膝の関節痛や五十肩など関節系症状の治療にも利用されていて、痛みをすみやかに緩和してくれると言われています。

さらに、お肌に潤いを与えたり、カルシウムの働きをサポートしたりコレステロールの増加防止など、他にも体に良い影響がたくさんあることが判っているんです。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを摂取したい人とは?

「階段の上り降りが苦痛になった...」
「正座がしにくくなった...」
など、関節の痛みは生活そのものを辛く不便なものにしてしまいますよね。
でも、以前のように軽快に動きたい!と思っていらっしゃる方も多いはずです。

そんな方々におすすめなのが、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムです。

薬と言うと、「副作用が心配...」と言う方もいるようですが、この成分には副作用がほとんど無く安全性も高いため、多くの関節痛に悩む方に喜ばれています。

この機会に、コンドロイチン配合のお薬を一度お試しになって、以前の弾むような笑顔を取り戻してみませんか?

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが関節痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ一覧