1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. 腰の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

腰の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

年齢を経ると仕方が無い・・と思われる腰の痛み。でも、その原因や特徴、対処法を知ることで改善することもあるんです!
皆さんも腰の関節痛についてもっと知って、その痛みから解放されませんか?

腰の関節痛とはどのようなものでしょうか?

「50代を超えた頃から腰に痛みが出るようになった...」と感じる方も多いようですね。

この腰の痛みには色々な原因があると言われていますが、その一つが腰の関節内の軟骨の減少、損傷によって引き起こされる、と言われているんです。

軟骨とは、関節同士をスムーズに動かすことができるクッション材的な役割を持っています。

ところが、年齢を経るごとにこの軟骨を作る成分が減少したり固くなることで、軟骨自体が減少、損傷してしまうんですね。これによって、関節同士がこすれたり、近くを通っている神経を圧迫して、痛みを感じてしまうのです。

腰の関節痛の特徴とは?

腰の関節痛の痛みは、の関節痛のように数日安静にしていると痛みは減少していきます。
ただ、長時間同じ姿勢をとっていたり、激しい運動を行うと再発してしまうので、無理は禁物。

また、関節痛による痛みではない場合には、ヘルニアや内臓疾患なども疑う必要があります。

とくに手足にしびれを伴っていたり、発熱、吐き気などを伴う場合には大きな病気が原因とも考えられるため、放置していると危険なケースもあるので注意が必要です。

簡単な対処法をお教えします!

腰の関節痛の痛みを改善するには、まずは患部を温めて筋肉や関節周りを柔らかくすることです。
温かくなって血流が良くなることで、痛み自体も改善する可能性がありますからね。

また、コンドロイチンを多く含む食品などを摂取することもおすすめです。
体の中から軟骨を元気にすることで、関節痛そのものを改善することも期待できるんですよ!

痛みを伝える神経組織に働きかけて痛みを緩和するビタミンB1ビタミンB6なども効果的ですから、これらを多く含む医薬品などで対処していくのが良いでしょう。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

腰の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧