1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 関節痛の基礎知識
  3. 更年期になり関節痛が・・・関節痛と更年期障害の関係

更年期になり関節痛が・・・関節痛と更年期障害の関係

女性には一生のうちに3度体の変化が起きると言われています。
その3度目の変化が更年期ですが、その時には様々な症状が出てしまいます。
関節痛もその1つなのですが、皆さんはご存じでしたか?

更年期に起こりやすい身体の諸症状について

女性は40代後半から50代半ばにかけて更年期を迎えます。

この時期には、女性ホルモンの量が急激に少なくなることで様々な症状が出てしまうため、これらの諸症状を合わせて更年期障害と呼んでいます。

この時期の症状としては、イライラやのぼせ、抜け毛、頭痛、動機、頻尿など人によってまちまちで、の関節痛などが出ることもよくあります。

更年期の関節痛とは

関節とは骨と骨の間にあるつなぎ目となる器官で、そこにはクッション素材となる軟骨があります。
ところが、この軟骨は加齢とともに量が減ったり変形してしまい、それが関節の痛みとなって現れてしまいます。

また、更年期に入ると女性ホルモンが急激に少なくなるため、軟骨成分が減少することで関節痛になってしまうことがあり、さらにホルモンの減少によって皮膚の感覚異常なども併発してしまうと、余計に痛みを感じることがあると言われています。

放置しても大丈夫?更年期の関節痛

更年期による関節痛であれば、女性内科、更年期障害を扱う内科、あるいは整形外科でも治療は可能です。
それに、早期の治療をすることで重症になることも防げます。

ただ、関節痛ではなくリウマチやその他の病気の可能性があるかもしれないので、症状が出た場合にはすぐに専門の医師に相談することをおすすめします。

どうしてもすぐには病院に行けない方は、まずはツライ痛みを何とかするためにも、関節痛に効果的な医薬品などで対処していきましょう。

薬で何とかしようという場合には、減ってしまった軟骨に弾力を与えてクッション性をサポートするコンドロイチン、ツライ痛み自体を緩和するビタミンB1ビタミンB6、血流を改善して血行を良くするビタミンEなどを配合した薬がオススメです。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

更年期になり関節痛が・・・関節痛と更年期障害の関係に関連するコンテンツ一覧