1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 成分紹介
  3. メコバラミンが関節痛にもたらす効果・効能

メコバラミンが関節痛にもたらす効果・効能

別名活性型ビタミンB12と呼ばれているメコバラミンは、関節痛薬の中でもともて大切な役割を担っていると言われています。
副作用の心配も無い、ということですが、実際にはどのような効果・効能があるのか皆さんはご存じですか?

メコバラミンってどんな成分?

「メコバラミン」という成分名は一般的にはあまり知られてはいませんが、末梢神経に働きかける作用があるため、手足のしびれや痛み、糖尿病や帯状疱疹に伴う神経の痛みなどに利用されている成分です。

人の血液の中にも元々ある成分で、活性型ビタミンB12とも呼ばれているんですよ。

関節痛との関係は?

メコバラミンは、末梢神経を構成している物質の合成に関連した成分であることから、傷ついた神経を修復したり機能を改善する働きを持っています。
そこで、関節痛の薬にもこの成分が配合されているんです。

関節痛薬には軟骨の水分や弾力性をサポートするコンドロイチン硫酸エステルナトリウムや血液の流れを改善したり新陳代謝を上げるビタミンEやB類が処方されていますが、それらとともにこのメコバラミンを配合することで、さらに痛みを緩和してくれる効果や効能があるんです。

摂取し過ぎても排出されるから安心!

メコバラミンは血液中に存在している成分ですが、ビタミンB12という水溶性のビタミンでもあるため、たとえ摂取し過ぎても尿から排出されてしまうので、体内に留まって副作用を起こすということがありません。

いくら体に良い成分と言っても、多く摂取することで反対に体に悪い影響が出てしまうのは怖いですよね。
お薬であっても副作用の心配がないというのは嬉しいものです。

最近はこのメコバラミンを使用した薬よりも、似た効果を持つビタミンB1硝酸塩ビタミンB6塩酸塩の方が主流となっています。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

メコバラミンが関節痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ一覧