1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 関節痛の基礎知識
  3. たかが捻挫とあなどってはいけない!関節痛と捻挫の関係

たかが捻挫とあなどってはいけない!関節痛と捻挫の関係

足首に嫌な痛みがある時、知らない間に捻挫をしたのか、それとも関節痛になったのか、迷ったことってありませんか?
両方ともに似たような症状なので素人にはよく解らない場合もありますが、単なる痛みだけと思ってあなどってはいけないんですよ!

捻挫についての知識を知りましょう

捻挫とは、足首や手首、肘などの関節部分が、何らかの強い力が加わることでいつもの可動範囲を超えてしまった場合に起きる症状のことで、挫きとも言います。

骨には損傷はありませんが、関節部分の関節包や、靭帯部分に損傷を起こしていて、一過性であるものの関節がズレを生じてしまいます。
ズレた関節はすぐに元の位置にもどりますが、患部に熱を持ったり、痛みが残ります。

また、靭帯が断裂したしまうケースもあり、その場合には関節がグラグラしてしまうこともあります。

ちなみに、バレーボールなどをしている際に起きてしまう突き指も捻挫の一つ。

捻挫の治療は?

捻挫は、スポーツをしている時や激しい動きをした時、また高齢者の場合には階段の昇り降りや歩いている時にも起きてしまうことがあります。

そのような時には、まずは患部を固定して冷却することが大切です。
数日固定することで損傷を受けた靭帯を治し、痛みが引くまで冷シップなどで患部を冷やします。

もし靭帯を断裂している場合には手術なども行われます。

では、関節痛とはどのようなものなのでしょうか?

関節痛とは、関節内の軟骨部分が減少したり、関節周りの炎症、変形が起きることで、関節を動かす時に痛みを感じるものです。

関節痛の治療には、痛み止めや関節内の軟骨の量を増やすための薬、あるいはサプリメントの服用を勧められます。

大きな障害につながる危険性もあります!

たかが捻挫、関節の痛みだろうと放置してしまう人がいますが、これは間違い。
とくに激しい運動を行うスポーツ選手や、高齢の方は放置しておくことで大きな障害をまねいてしまうこともあるのです。

関節痛の場合にも早めの治療が求められますが、捻挫の場合も同じく靭帯などへの大きな損傷があるかもしれないので、どちらの症状か解らない場合でも軽く考えないで、専門医の所へ行ってすぐに適切な治療を行ってもらうことが大切です。

たかが捻挫で病院なんて大袈裟だ...!という方には関節痛のお薬がおすすめで、傷めた関節の保護はもちろん、神経に作用して痛みそのもを抑えることができます。

病院へ行けない人も含め、関節痛の薬を試してみる価値は十分にありますよ。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

たかが捻挫とあなどってはいけない!関節痛と捻挫の関係に関連するコンテンツ一覧