1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 関節痛の基礎知識
  3. お酒を飲むと関節痛が辛い・・・その原因と最も効果的な対処方法

お酒を飲むと関節痛が辛い・・・その原因と最も効果的な対処方法

「なぜかお酒を飲んだあとに関節痛の症状が出るんだけど・・。」お酒が好きな方にはこのような悩みをお持ちの方も多いようですね。
全く関連性の無いように思える関節痛とお酒ですが、実は深い関係性があるんです。

お酒を飲むと関節が痛む?

お酒を飲んで数時間が経過すると関節に痛みを感じたり、あまりの痛さに眠ることができなくなる人もいるようです。

これは、お酒が引き金となってビタミン不足が起こり、神経が過敏になって関節に痛みが出ているのです。

さらに、アルコールを分解する時にはたくさんの水分が必要なのですが、体内の水分量が足りないと電解質のバランスが悪くなり、関節の痛みと共に筋肉痛が出てしまうこともあります。

また、痛みの症状が重い場合には痛風になっていることも考えられます。

飲酒で関節痛にならないための効果的な予防法!

痛風になっている場合にはすぐに病院を受診して治療をすることが重要ですが、そうでなければ飲酒の量を控えたり、お水をたくさん摂取する、お酒と一緒に食べるメニューを工夫したり医薬品を利用することで痛みを予防することができます。

飲酒による関節痛は、ビタミンB郡中のビタミンB1の不足が原因と考えられています。

そこで、ビタミンB1を多く含む豚肉やウナギをお酒と一緒に食べたり、ビタミンB1主薬製剤などのお薬で補給するなどで痛みを予防することができるわけです。

より手軽に関節痛を改善するなら

友人や同僚と楽しくお酒を飲んでいる時に、自分だけお酒の量を控えたり、高価なウナギを食べてビタミンB1補給!というわけにはなかなかいきませんよね?

そこでおすすめなのが日本薬師堂が販売しているグルコンEX錠プラスです。

この商品はビタミンB1を含むビタミンB1主薬製剤(医薬品)で、しかも関節痛に効果的なコンドロイチンが多く配合されています。
コンドロイチンとは関節内でクッション材となっている軟骨成分。軟骨成分を補給することで、内側からも関節痛をサポートしてくれるのです。

言うなれば、ビタミンB1でお酒のケアをし、コンドロイチンで関節痛のケアをしてくれる、とてもありがたいお薬なんです。

「また関節痛が出たらどうしよう...」と不安な方は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

お酒を飲むと関節痛が辛い・・・その原因と最も効果的な対処方法に関連するコンテンツ一覧