1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. 手足の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

手足の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

体の中でも常に動かしているのが手足ですよね。その部分の関節に痛みがあれば、日常生活にも支障が出てしまいます。
そこで、手足の関節痛をもっとよく知って、早めの対処を行ってみませんか?

手足の関節の痛みについて

手や足の関節の痛みには、2つの種類があると言われています。
1つは関節を動かした時の痛み、もう1つは動かさない時にもある痛みです。

一般的に関節痛と言われるものは前者の方で、原因としては加齢によって関節内の軟骨成分が減少し、軟骨がすり減ったり関節が変形することと言われています。

一方、何もしていないのに関節が痛む場合には、関節リウマチの可能性が指摘されます。

この場合には、手足だけではなく、手首、足首のほか、、それに伴って痺れなども併発することがあります。

手足の関節痛の特徴

関節内の軟骨の減少によって起きる手足の痛みの特徴は、他の部分の関節痛と同じ。

はじめは何となく動かしにくいなどの違和感から次第に痛みが出てきて、放置しても良くなることはないということが挙げられます。

体の各部分にあらわれる関節痛では、軟骨の減少は加齢によるものが大きく起因していますが、若い方でも症状が出ることがあり、また、男性よりも女性の方が症状が出やすいとも言われています。

簡単にできる対処方法

手足の関節痛は主に軟骨を作る成分が減少することで引き起こされるため、この成分を摂取することで症状を軽減することが可能です。

そのため、軟骨成分であるコンドロイチンの入った医薬品の摂取がおすすめです。
最近は関節痛の緩和に特化した商品も多いので、試してみるのも良いかもしれませんね。

ただ、関節を動かさなくても痛みがある場合には別の病気が隠れている可能性もあるので、一度は専門の医師に相談することも必要でしょう。

まずは関節痛への効果が認められた、コンドロイチン配合の医薬品でツライ痛みを緩和していくのが先決ですね。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

手足の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧