1. 関節痛に効く薬特集TOP
  2. 部位別の原因・特徴
  3. 指の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

指の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法

指に起きる関節痛は30代からでも起きやすいと言われています。
働き盛りの年代なので放置してしまう方もいるようですが、悪化したり、リウマチなどの病気が引き金になっている場合もあるので、初期のうちに対処しておくことが重要なんです。

指の関節の痛みについて

「朝起きると指の関節が痛い」「人差し指の第二関節が痛む」「何かを握ろうとすると関節が痛む」など、指の関節に痛みを感じている大人の方は多いと言われています。

この痛みの原因としては、一般的な関節痛のほかリウマチ、突き指、打撲などが考えられます。

放置しない方が良い関節痛

指の一部に起きている関節痛ならそんなに深刻では無いんじゃない?と思われるかもしれませんが、関節は指だけではなく膝や肘、肩など体のあらゆる部分にあります。

そのため、最初は指だけでも、次第に他の部分の関節にも痛みが起きる場合があるので、初期のうちに専門医に診てもらうことをおすすめします。

また、朝起きて痛むという場合にはリウマチの可能性もあります。

リウマチは血液の検査をすることで判明することが多いので、家族や親戚にリウマチの人がいる場合には、一度検査してみるのもいいかもしれませんね。

簡単にできる対処方法

単なる関節痛であれば自分でできる対処方法があります。
まず、手全体を温めて血行を良くすることで痛みを軽減したり、血液中の栄養分を関節に届けやすくします。

関節痛の原因の一つは、関節の中のクッション材となっている軟骨の減少なのですが、血液の流れが良くなればこの軟骨にも栄養が行き届く!というわけですね。

さらに、軟骨を作る成分であるコンドロイチン、神経に作用して痛みを緩和するビタミンB1ビタミンB6、血行を改善するビタミンEを含む医薬品を服用することもおすすめです。

↓お薬ご購入の参考に是非チェックしてください↓

スポンサードリンク

指の関節におきる関節痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ一覧